妊娠線予防クリーム いつから

MENU

妊娠線予防クリームはいつから使えばいいの?

妊娠線予防クリームのはじめ時は、妊娠が分かってからなど早ければ早いほど良好で、安定期を過ぎた『4ヶ月〜6ヶ月』前までには絶対にはじめておいてください。

 

なぜなら、この時期は徐々にお腹が大きくなって、それに伴って皮膚が引っ張られて妊娠線が発生しやすい時期であり、この時期に妊娠線が発生する妊婦さんが多いからです。

 

一度できてしまうと改善に時間がかかるので、使用する時期はしっかりとおさえておくことが大事です。
ちなみに、使用するタイミングは浸透力が高まるお風呂上りが一番で、マッサージと併用して妊娠線を予防していくことが大切です。
また、お腹が大きくなってからは胎児とのスキンシップにもなるので楽しんでケアしていきましょう。

 

赤ちゃんに安心な物を!妊娠線予防クリーム選びの3つのポイント!

保湿成分がシラノール誘導体が主成分のであること!

シラノール誘導体には、妊娠線を改善する上で必要な『肌内部のコラーゲン再構築』と『皮膚の修復作用』があるとされていて、研究者による臨床実験では妊娠線に有効的であることが判明しています。

 

海外では妊娠線ケアといえばシラノール誘導体というほど知名度が高く、ケア用品にもよく利用されていますし、妊娠線に対する効果を出されている方も多くなっています。

 

美容成分の含有量が多いこと!

妊娠中や出産後といったホルモンバランスが正常ではない時期は、乾燥しやくすみや黒ずみなどの肌トラブルが普段よりも起きやすいとされているので、美容成分の含有量も重視する必要があります。

 

含有量が多い場合は、こういったトラブルを改善・防止していくことができると言えるので、妊娠線に対する成分だけではなくそのほかの美容成分も多数ある方が良いでしょう。

 

石油成分・添加物やが含まれていないこと!

大手のドラッグストア等で販売されているベビーオイルには鉱物油は含まれていることから、赤ちゃんの肌へ使うべきではないという専門家の方も多くいます。

 

特に妊娠中や産後はホルモンの影響から非常に肌がデリケートになると言われていて、石油成分・添加物が肌の刺激となって肌荒れなどが起こる可能性が高くなるとも言われています。

 

同時に、それらが皮膚からの経皮吸収によって体内に取り込まれることで赤ちゃんへの悪影響に繋がる恐れもあるとされていますから、石油成分・添加物は要注意となります。

 

すでにできてしまった妊娠線や正中線の対策するには?

すでに妊娠線や正中線ができてしまった場合は、朝・晩2回など入念な『保湿』を行う>ことで改善が可能となり、保湿は肌のターンオーバー(肌再生)を正常に働かせる効果があるとされていて、肌内部のコラーゲン損傷による妊娠線やメラニンが原因の正中線を改善できるともされています。

 

このときに使うクリームは、『シラノール誘導体』が配合されたものが良好で、シラノール誘導体はそのコラーゲン再構築や皮膚の修復作用によって妊娠線を改善できるだけではなく、肌の奥まで潤わせる保湿性の高さで正中線の改善まで見込めるとされているので、シラノール誘導体入りのクリームで保湿を行えば鬼に金棒と言えるでしょう。

 

実際に、シラノール誘導体入りのクリームで保湿している方は胸やお腹にできる妊娠線や正中線への効果を実感している方が多いです。

 

また産後はホルモンバランスの関係で肌がガサガサになり、痒み等も発生しやすいので産後の肌荒れ対策にも美容液が配合されている妊娠線クリームを顏にも使用すると良いです。

 

産婦人科の先生の助言を元に選ぶ!妊娠線クリームおすすめベスト3!

ベルタ妊娠線クリーム

初めてのたまごクラブで注目の妊娠線クリームとして紹介されている!
91%の方が効果に満足して定期便を利用!
妊娠線に対する効果に実績のあるシラノール誘導体を配合!
高品質な美容成分の配合などで妊娠線以外の効果も高い!
出産経験のある社員による万全のサポートあり!

 

ストレッチマーククリーム

100人のプレママやママからの声を元にした純日本製クリーム!
顧客満足度95%で産婦人科でも紹介されている!
雑誌や新聞までと幅広い掲載実績あり!
アロマの香りとじんわりあたたかくなる処方でリラックス!
今なら、先着5万名様限定のプレゼントキャンペーンあり!

 

プラジェントラクリームプラス

安心のドクターズコスメで全20ヶ国以上で愛用されている!
雑誌・TVでの紹介や数々の賞を受賞した実績あり!
ノーベル賞受賞成分以外にも天然美容成分の配合もある!
楽天ランキング第一位など口コミ人気も高い!
妊娠線だけではなく肉割れケアに使用している方も多数!

 

更に妊娠線をできにくくする為に!腹巻を活用すると良い!

妊娠線クリームだけではなく、『腹巻』を併用することでより妊娠線ができにくくなります。
理由として、まず妊娠線クリームを塗った後に腹巻をすることで、有効成分が閉じ込められることから、保湿効果が高まったり妊娠線に対する有効成分も浸透しやすくなると言われているからです。

 

また、腹巻によって腹部が適度に持ち上げられるとお腹が大きくなるとともに皮膚が伸びてしまうと発生する妊娠線を防ぐこともできるとされているからです。

 

ほかにも、腹巻によって姿勢が整えられることで妊娠中に起きる腰痛の防止や冷え防止による早産や流産を回避する効果もあるとされているので、腹巻はそういった意味でも非常にお勧めとなります。

 

使用する腹巻は妊婦専用のものを選ぶと良いでしょう。